お役に立てる情報を心掛け発信中

お役に立ち隊

お役に立つ情報 体験談

競馬攻略本で儲けた話とその後の顛末を語ります!ギャンブルで生きていきたい人へのアドバイスにもなれば

投稿日:2017年9月2日 更新日:

競馬攻略本は本当に稼げるの?

もう10年以上前でしょうか、インターネットで馬券を購入することができる事を知った私は、楽してお金を儲けたいという邪念に取り付かれました。

しかし、競馬に関しては、ゲームのダービースタリオンやウイングポストなどをプレイした事はあっても、実際の競馬に関しては初心者そのもの。

適当に馬券を購入しても、的中させる事が難しいというのは、当時の自分でもわかっていました。

それでも、芸能人などが、万馬券を当ててウハウハというニュースを目にし、宝くじを当てるよりは現実味があると、無理やりな理屈で自分の背中を押し、ギャンブルの負の部分には完全に目をつぶっていました。

競馬の知識が殆どない初心者が、それでも馬券を購入して儲けてやるという気持ちを捨てなかったのは、インターネットで見つけた、競馬攻略本の存在でした。

攻略本の詳しい内容は、権利関係などもあることから触れませんが、当時、競馬初心者であった私には、もっともらしい理屈と、公営ギャンブルの闇と穴を突くような説明に夢中となりました。

(凄いで~、これはホンマに凄い攻略本やで~)

なんて調子で、何度も繰り返し読んだ記憶があります。

攻略の手順(部分)は、いまでもありがちなオッズを軸にしたもので、そこに著者の開発した独自論理を組み合わせたものでした。

初心者でも、それこそネットに慣れ親しんだ今の時代なら、小学生でも実践できる手順。

難を挙げれば、オッズの変動を前日からレース直前までに、何度かチェックしなければいけない事ぐらいだったでしょうか。

ただ、当時はその手間が、逆にリアリティーを持たせ、スパイ映画の主人公にでもなった気分で、時間毎のチェックも、抑えきれない興奮をもって臨んでいました。

競馬攻略本は嘘じゃなかった?

そして、ついに迎えた本番。

競馬攻略本を携えて臨んだ最初のレース。攻略本が導き出した(絞った)馬券を5点購入。

ただ、人生初めて購入する馬券という事と、貧乏性がそうさせたのか、すべて100円でした。

いま思えば、良くも悪くも、こうしたセコイ根性が、勝負心の必要なギャンブルには向いていなかったのだと思い返します。

さて、人生初の競馬(馬券購入)はどうなったのかと言うと…

なんと、これが攻略本の力なのか、はたまたビギナーズラックとでも言うのか、投じた500円が、2000円以上になって返ってきました。

そう、競馬攻略本は、私に人生初の競馬で初勝利をプレゼントしてくれたのです。

当然、当時の私は、

(こいつは本物や~!!!!)

と、たった2000円という金額よりも、心のどこかで疑いを捨て切れなった攻略本に平謝りと、狂喜乱舞を繰り返す心境でした。

…しかし、

これで競馬長者やで~と、意気揚々に臨んだレースをことごとく外し、終わってみれば、初勝利で得た2000円など、あっという間に手元から消え、大きくマイナスでその日を終えました…

元々、先述でも触れたように、ギャンブラーに向かない気質なのか、大きくマイナスで終わった初日のショックがトラウマとなったのか、それまで聖書のように大事に抱えていた競馬攻略本は、部屋の奥の奥の奥に仕舞いました。

(実際には、証拠にもなく次の週末に引っ張り出し、1,2レース実践しましたが、そこでもかすりもせず、二度と見たくないという気持ちになり、自分でもどこへ仕舞ったのかを忘れました)

まとめ

私の体験からお伝えできるとすれば、一般に流通している競馬攻略本のみで生活するほど稼げるほど、競馬は甘くないという事になります。

やはり、自ら競馬場に足を向け、競馬新聞やパドックなどから情報をかき集め、更に競馬勘や知識を養い、時に大負けしても、それを土壌にしていく精神を持った人が、競馬での勝率をあげる事が出来るのかなと思います。

それでも、そんな人は一部だけで、そこに踏み込む(お金を投じる)ぐらいなら、1ヶ月、数千円でも貯金していったほうが、確実だなと思えたのは、苦い実体験があったからこそだと思います。

敗北からも学び取ることはあると、過去の自分を慰めながら、ここで終わりとさせて頂きます。

-お役に立つ情報, 体験談

Copyright© お役に立ち隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.