お役に立てる情報を心掛け発信中

お役に立ち隊

お役に立つ情報 ニュースに一言

カンニング竹山の不倫は絶対に認めては駄目という考えは一般人でも通じるのかを考察してみた

投稿日:2017年8月21日 更新日:

認めちゃ終わりだよ不倫なんて

冒頭の台詞は、お笑い芸人カンニング竹山さんが、サンデージャポンに出演した時、先輩芸人である宮迫さんの不倫騒動に触れた時の発言です。

その際に、過去にあった自身の不倫騒動を自ら語り、

「俺だって悪いけど裸で写真撮られてるからね。でも一線は越えてないからね。だから“あんたたちの一線”と“俺の一線”は違うわけ。どこが一線かでしょ?」

と、世間一般にある不倫の境界線にも一石を投じる発言も。

まぁ、お笑い芸人という職業柄が言わせた部分もありながら、女遊びも芸の肥やしという考えが根強くある世界だけに、割と本気で言っているのではという節もありました。

この発言に関しても、スタジオでは爆笑が起こったようですが、一般視聴者の多くは、浮世離れした世界である事だけを実感したようで、半ば、証拠がどれだけ揃っていても、不倫という事実を本人が認めさえしなければ、それは一線を越えた事にはならないという理不尽極まりない発言に反発を覚えた人も多かったようです。

不倫を知られた時に竹山論理は通じるのか?

竹山さんの考えに同調するのは、正直、私も難しいのですが、どんなに証拠が揃っていても恋人や妻の前で認めない心理の中に、わずかな理解を見つける事が出来るとしたら、自分の口で不倫を認めてしまう行為が、不倫を立証するに十分な状況(物的)証拠以上のショックを与えてしまう事になるのかもしれません。

勿論、パートナーの不倫を知った女性からすれば、認める、認めない以前に、不倫と言う行為自体が許せないのだから、相手を気遣えるのなら、最初からするなというのが正直な所だと思います。

しかし、竹山さんの言葉に私なりの解釈を加えるなら、女遊びをするなら、絶対にバレないようにしなければいけない、それが最低限のマナーである。

そして、もしバレてしまっても、絶対に不倫をした事実をパートナーの前だけでは認めてはいけない。

それは、パートナーに浮気をされた女と言う烙印を押す事になる。

自分の女遊びで、一切の責任がないパートナーに、そうした屈辱だけは与えていけないという、一種の思いやりからくる行動(決意)だという風に考えられなくもありません。

それで妻や恋人から許しを得る事が出来るのか?

前述では、一応、かなり勝手な男の立場から理屈を並べてみました。

しかし、実際に、いわゆる、否認を続ける事が、妻や恋人の自尊心を守りたいからという思いを汲み取ってもらえるのか?

そして、最終的には、なかった事として処理してもらえるのか?

はっきりと言えば、許せないという女性が大多数だと思います。

中には、浮気をした事は確信しながらも、今回だけはと見逃す形で許してくれる女性もいるかもしれませんが、そうしたケースはかなりレアです。

多くは、浮気をしただけでも許せないのに、それを頑なに否定するとは、なんて往生際の悪い男だと、より心象を悪くし、最悪、別れを告げられる事もあるでしょう。

竹山論理は、自分さえ否認し続ければ不倫は認められないというスタンスです。

しかし、実際には、言い逃れの出来ない証拠が並べられれば、素直に非を認め、謝罪を続ける事の方が、パートナーから許しを得られる可能性があります。

一線に関しても、俺は他のやつは違うという強弁を張っても、それをパートナーが不快、傷つく行為であれば、関係ないんですよね。

竹山さんの仰られている事は、どこまでも不倫した男の意見で、それによってパートナーや家族が、どんな思いをしたのかと言う配慮がいっさいないんですね。

要は自分の事以外、頭にない人の意見で、周囲の目や声も気にしないという、割り切った人間の理屈です。

芸能人で、お笑い芸人という特殊な職業であれば、それが成立するのかもしれませんが、一般人には到底、理解できないスタンスです。

まぁ、最近では、芸能人を取り巻く環境も随分と厳しくなり、不倫をネタにして笑ってもらえる空気ではなくなっていますが、竹山さんクラスになると、そんな心配もないのかもしれませんね。

でも、万が一あなたが、パートナーに浮気をした事がバレてしまった時に、竹山さんを習うと、普通に謝罪するよりも厳しいペナルティーが課せられる事が殆どなので、注意したほうが良いでしょう。

勿論、不倫をしないという事が一番なのは、当然ですよ。

-お役に立つ情報, ニュースに一言

Copyright© お役に立ち隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.