お役に立てる情報を心掛け発信中

お役に立ち隊

お役に立つ情報 ニュースに一言

暴走キャスター小倉智昭の放言は聞くに堪えない!発言における責任と意識すべき事を考える

投稿日:2017年8月19日 更新日:

最近、小倉智昭の発言が正気の沙汰じゃない

現在、とくダネ!に出演している小倉智昭さんの発言が、前にも増して過激を通り越し、今や一般常識や感覚とかけ離れたものばかりで、物議をかもしています。

特に世間からも厳しい声が上がった件では、3年目の真相として世間を驚かせた上原多香子さんの不倫騒動。当時、夫であったTENNさんが自殺する原因の一つとなったのは、本人の遺書からも明らかでした。

それでも小倉さんは、上原さんが3年前の不倫で謝罪、活動休止する事について、

まあ人生、生きていく上で、触れてほしくない部分ていうのはあったりするでしょ。ただ、それが芸能人だと3年も前のことが、こういうふうにドカンと出てきちゃう。上原さんにとってもかなりつらいことだろうし、周囲の人にとってもねぇ

と、芸能人だから世間からバッシングを受ける事になりと上原さんに同情を寄せ、TENNさんの遺族に対しては、一切の配慮もありませんでした。

このスキャンダルを芸能人だからという、笑ってしまうぐらいの自意識過剰さと被害妄想で、語ってしまう小倉さんには、一般視聴者に向けて情報を発信する能力と意識が欠如しているのでは思ってしまいます。

また他にも、暴言、暴力によるパワハラなどで、一躍、悪名で知られる事になった豊田真由子議員に関しても、一連の騒動をまとめたVTRを観た後に、

朝から豊田議員の叱る声だとか歌う声だとか聞くと楽しくなるのはなぜなのかな。あまりにも笑えちゃってね

と、こちらも、国会議員の問題と言うだけでなく、被害者がいる件にも関わらず、楽しい気分になると発言。

ここまでくると、どうも、この人は、精神構造からしておかしくなっているのではと心配さえしてしまうレベルですね。

そして、つい先日に報じられた、元世界陸上マラソン代表選手にもなった原裕美子容疑者が、コンビニで万引きした事件にコメントした中でも、

小出さんの門下に入って一生懸命に五輪を狙ったんですけど、結果的には五輪にはいけなかった。五輪代表になっていたら、こんなことは後に起こらなかったような気がするんですが…。何があったんでしょうね

と、勝手に人の人生を評価した挙句、一度でも人生で挫折を覚えた人間は、犯罪に手を染める可能性を示唆するような発言を残しました。

もう小倉さんは、公共の電波に乗せて発言する資格も人間性も失っているとしか思えない発言の数々。

人より厳しい意見や、違った角度から本筋に切り込むなど、キャスターにも様々なタイプがあっても良いと思いますし、視聴者も決して、ただ与えられた原稿を読むだけのキャスターを求めているわけではありません。

しかし、この人は偏りすぎた思想、立場からの発言ばかりで、取り扱うニュースに対し、細心の配慮や、自身の立場にある責任感や影響力を無視しているように見えます。

ご本人は、俺は他の奴と違って、言いたい事(本音)を伝えられるんだと自負しているのかもしれません。

しかし、視聴者から見れば、それは、ただ、良識も自制心も失った老人が、感情の赴くままに、無責任極まりない放言を繰り返しているだけにしか映らなくなっています。

小倉智昭から学ぶ人生訓とは

一言で表現するなら、やはり謙虚さを大切にしなければいけないと言う事ではないでしょうか。
長いキャリアと、周囲の行き過ぎた気遣いにより、ご本人は、小倉天皇にでもなられた気分なのでしょう。

そんな勘違いをさせた周囲にも問題はありますが、やはり、実るほど頭を垂れる稲穂かなということわざにもあるように、謙虚さを忘れてしまった事が、自身の発言の中に、第三者への配慮も失われてしまったのでしょうね。

まして小倉さんは、既に70歳と言う年齢もあり、加齢により頑固さが増すことで、誤りを認めなくなってしまう所もあるのではと考えます。

しかし、将来、小倉さんのよう無責任、無配慮な発言で人を傷つけてしまう人間だけにはならないように、謙虚さを忘れないようにしたいですね。

-お役に立つ情報, ニュースに一言

Copyright© お役に立ち隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.