お役に立てる情報を心掛け発信中

お役に立ち隊

お役に立つ情報 ニュースに一言

斉藤由貴は魔性の女ではなく家庭持ちばかりを狙う悪女に過ぎない!

投稿日:2017年8月7日 更新日:

家庭持ちばかりを狙う斉藤由貴

最近、若い頃とはまた違った魅力で、お茶の間にその存在感を知らしめてきた女優の斉藤由貴さん。

しかし、それも週刊誌によって報じられた不倫騒動を境に、すっかり魔性の女として認識され、今後の女優、ひいては芸能活動にも影響が出そうな雰囲気ですね。

そもそも、なぜ、今回の不倫騒動で、魔性の女と呼ばれるようになったのか?

それは、過去に、尾崎豊さん、川崎麻世さんと不倫騒動を起こしていたからです。

少し下種な勘ぐりでものを言いますが、世に知られているだけで、今回を含めて3度の不倫騒動ですから、社会通念や倫理観に対して、普通の人よりも低いと言われても仕方ないと思います。

今回の不倫騒動で、過去の謝罪会見が報じられ、その中で、随分と哲学的な表現などを用いられ、釈明されていましたが、結局は、奥さんのいる男性と関係を持ったという事実を前にすれば、世間から眉をひそめられる、許されない行為に過ぎませんからね。

それに比べて、今回の釈明会見は、若かりし頃にみせた、どこか堂々としていた態度は影を潜め、矢継ぎ早に飛んでくる記者の質問に、しどろもどろになり、狼狽する姿は、本当に見苦しい、聞き苦しい会見に私の目には映りました。

一方で、同業者やマスコミは、斉藤由貴さんを魔性の女と称して、あたかも、その魅力に虜にされたのなら仕方ないという、今回の不倫騒動を不問にしようとする報道の流れは気持ち悪さを感じました。

安田美沙子の発言に多くの女性から非難轟々

斉藤由貴は魔性の女だから、特例でなかった事にしようという雰囲気が漂う中で、日曜、お昼の情報番組『アッコにおまかせ!』に出演していたタレントの安田美沙子さんの発言が一部から物議を醸している。

その発端となったのは、コーナーの一つで斉藤由貴さんの不倫騒動を扱った時でした。

和田アキ子から、コメントを求められた安田さんが発した、

『女性から見ても、斉藤由貴さんかわいいから許せてしまいます。もし、主人の不倫相手がこの人やったとしても、あっ、しょうがないなって』

この、不倫相手が可愛ければ、許してしまうという発言には、同姓である女性からは、こんな事を言う女がいるから、夫も相手する女も、不倫という行為を軽視すると、ネットを中心に総スカンを食らう方向になりました。

また、女性だけでなく、一部の男性からも、過去に妊娠中に不倫をされた女性の発言とは思えないとされ、発言に対して理解ができないという声が多く聞かれました。

安田さんは、最後には不倫は駄目と念押しをされていましたが、それでも、不倫相手は可愛く、魔性の女と芸能界から認定されれば、許すという発言もされたのですから、そんな人に不倫は駄目なんて言われても、何だか伝わってきませんよね。

また、最後に、斉藤由貴さんを魔性の女と報じていますが、不倫をされた奥さんや、世間から見れば、家庭持ちだけを狙った悪女にしか映りません。

くれぐれも、魔性の女なんていう幻想でしかない肩書きに酔い、人の家庭を乱すような行為は控えましょうね。

-お役に立つ情報, ニュースに一言

Copyright© お役に立ち隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.