お役に立てる情報を心掛け発信中

お役に立ち隊

お役に立つ情報 ニュースに一言

藤井聡太四段の活躍に大人気ないほどの嫉妬を見せる芸能界に呆れ返る

投稿日:2017年6月28日 更新日:

藤井聡太四段に暴言を放った大竹まことは正気なのか?

公式戦29連勝の歴代新記録を打ち立て、将棋界の歴史にその名を刻んだ藤井聡太四段。

日本中がこの快挙に拍手を送る中で、タレントの大竹まことさんが、事もあろうに、その記録を樹立した藤井聡太四段を痛烈にぶった斬った。

「29連勝だっけ? 本当に誰か負かさなきゃいかん、本当に。これ以上勝たせてどうするの?」と話すと、「77歳の爺さんが、14歳のガキに『どうもすいません』ってあり得ないだろ。ルールを変えなきゃダメ。勝っても若者なんだから『戦わせていただきまして、ありがとうございました』って若いヤツが言わなきゃ」
「ガムテープで出来たみたいな財布から、きつねうどんみたいな金払うようなヤツ。革の財布持てないヤツがだな、ネクタイちゃんと締めろ。そういうヤツに77歳の爺さんがボコボコじゃないか。これ以上調子に乗らすな。誰かシメてやれ!俺はそういう意見だ」と持論を展開。
引用元・スポーツ報知

いやぁ、大竹まことさんと言えば、若い頃からキレ芸で名を馳せてきた人だから、多少他のタレントと違った切り口で語るのはよいと思うんですが、流石に、今回は、正気を疑いたくなるような言動ばかりで、キレ芸では許される範疇を超えているように思いました。

まず、将棋に関わらず、勝負の世界は、純粋に才能同士がしのぎを削りあう場所。そこに年功序列などはない。

しかし、対局が終われば、ほかの競技に比べても礼儀が重んじられているのは、ここ最近の報道で、始めて将棋を見た人にも伝わっているはずです。

まして、藤井聡太四段は中学生とは思えないほど、落ち着いた雰囲気と、大人も舌を巻くようなしっかりとした発言でも、世の大人から、こんな子供、孫がほしいと言われている程で、ご両親の躾にも感心を覚えます。

それに比べて、70前にもなった大人が、孫でも不思議のない年齢の少年をつかまえて、シメろとか、ガムテープのような財布だなと、およそ人間としての品格、人格を疑いたくなるような発言の数々。

淫行や大麻、不倫が日常茶飯事のように報じられている業界に身を置く人間に、人の道理や礼儀などは口にしてほしくもないですね。

まぁ、賢明にして冷静沈着な藤井聡太四段は、こんな老害タレントを相手にもしないでしょうが、新記録樹立に水を差すような行為は本当に控えてほしいです。

藤井聡太四段に比べて幼稚な芸能人連中

今回の藤井聡太四段の大活躍で、日本中がその熱狂に包まれる中で、芸能界だけは素直に喜べない動きや、それに乗っかろうとするなど、あまり褒められた行動をとっていませんね。

以前に、ダウンタウンの松本さんも、藤井聡太四段を語る中で、童貞を捨てた時に、いまの天才振りにどのような影響があるのかというような発言をされていました。

正直、まだ中学生、未成年を相手に、随分と思慮の足りない発言をするものだと、ガッカリしたのを覚えています。

その他にも、モノマネ芸人のHORIさんや、品川庄司の庄司智春さんなどが、藤井聡太四段を真似るような行動で、世間の注目を浴びようと必死になったりで、なんだか芸能界にいる人間って、小学生以下ばかりなんだなと実感させられます。

そんな人間ばかりの集団だから、先述の大竹さんのように、大人気ない発言を、平気でテレビを通してしちゃうんでしょうね…。

芸能人って、誰よりも自分が目立ちたいと言う自己顕示欲の塊のような人達ばかりだから、世間の耳目が別世界で活躍する藤井聡太四段に奪われて、本気で嫉妬しているのかなと思います。

そして、それに加えて幼稚な精神性の人が多いものだから、その主張というか発言まで、キッズ並みで、見ているこっちが恥ずかしいぐらいです。

一部では、いくつかの芸能事務所が、藤井聡太四段の注目度に関心を寄せているなどという報道もありましたが、芸能界の人間とは、毛色の違う人間なのだと知ってほしい。

藤井聡太四段は、カメラの前で、どんな事をしても注目されたい人達とは違うんですから、将棋界の至宝にだけは、手を出さないでほしいと願いますね。

-お役に立つ情報, ニュースに一言

Copyright© お役に立ち隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.