お役に立てる情報を心掛け発信中

お役に立ち隊

お役に立つ情報 ニュースに一言

出演者の不祥事で作品がお蔵入りに賛否両論!でもはいすくーる落書はソフト化して

投稿日:2017年6月14日 更新日:

出演者の不祥事で作品がお蔵入り

これまで、出演者の不祥事が起こるたびに、出演作品がお蔵入りになるという事が、当然の流れになっている現状で、それはいくらなんでもやり過ぎだという、反対意見も出ています。

しかし、そうした声がある事は分かっていても、それ以上に、世間を騒がせた人間が出ている作品などは見たくないという意見もあります。

個人的には、後者の意見で、不祥事を起こした人間の出演作品が、そのまま人の目に触れる形で放送(放映)される事には大きな違和感を覚えます。

ただ、作品自体に罪がない事は分かっていますので、編集という形で放送されるには、問題はないと思います。

と、ここまで書いて、何様だというセルフツッコミが入りましたが、そもそも論で、不祥事を起こした人間にすべての責任があるにも関わらず、大多数の人が迷惑を被り、作品自体が世に出る事さえ奪われるというのは、とても残念な事ですよね。

しかし、どんな役で出演していても、世間を騒がすほどの事を起こした俳優が演じる作品は、観る者の没入感を確実に奪います。

それは、結局、作品の魅力やメッセージ性なども損なう事になり、本来、観てほしかった部分や伝えたい内容も、たった一人の存在が歪みとなって、素直に観る事ができない以上、お蔵入りや編集は仕方ないと思います。

不祥事以外でも、問題とされるパターンも

覚醒剤や淫行などは、まだ分かるのですが、中には、そのぐらいの事でと思ってしまうパターンもあります。

お蔵入りとは違うのですが、気に入ったドラマ作品が、再放送やソフト化されない事があります。

で、気になって調べてみると、諸事情という事が分かります。

私が、そうした事を知る(意識)きっかけとなったドラマ作品が、はいすくーる落書というドラマ作品です。

この作品は、女性の新任教師が、不良生徒を盛りだくさんにしたクラスを受け持つ事から、四苦八苦しながら、様々なトラブルを乗り越えていく中で、生徒との信頼関係を築いていくという、なかなかの傑作でした。

当時は、私もかなり幼かった事もあり、ストーリーすべてを理解して観ていた作品ではありませんが、それでも、斉藤由貴さん演じる、新任教師のいずみちゃんの奮闘振りには、毎週、テレビの前で釘付けになっていた記憶があります。

余談ですが、生徒役の一人で出演していた、的場浩司さん演じる遠藤薫の凄みたっぷりな自己紹介の、

『遠藤っス』は、とても印象深い。

後、当時より、イケメンが光っていた保阪尚輝さん演じる黒木明や、渡辺航さん演じる市野が退学にった話は、高校生は悪いことをしたら学校を辞めさせられるんだと言う事を教えてもらいました。

最後に、子供心にある種のトラウマ的なインパクトを残したのが、佐野史郎さん演じる三枝先生。

佐野さんの怪演はこの時から光るものがあり、後の冬彦さん現象を巻き起こしたドラマ、ずっとあなたが好きだったで、見事にそれが開花された形となり、この作品も夢中になってみました。

(主題歌になった涙のキッスは、当時買ったカセットテープがまだ家にあります)

と、随分と話が脱線してしまいましたね。

で、今でもたまに見たくなる、はいすくーる落書なのですが、なんと、諸事情によりソフト化されていないんです。

(ビデオ化はしてますが、問題があるエピソード、設定とみなされた話は収録されず、歯抜け状態でのソフト化)

工業高校に対するイメージを損なうと抗議

ドラマの舞台となった高校が工業高校であった為、特にロケ地付近の地域にある工業高校自体のイメージが実際に悪化した事で、テレビ局に多数の抗議が入り、それが原因で再放送、ソフト化の動きは今だありません。

(再放送は一度だけあります)

もうそれから、20年以上経過した今でも、ソフト化を望むファンの声は多いものの、当時の抗議が、言葉は悪いですが、いまも呪縛のように残っているのです。

冒頭では、不祥事を起こした出演者の作品に対し、お蔵入りも致し方なしという立場であったにも関わらず、勝手な事は重々に承知してますが、流石にもうよいのではと思います。

工業高校のイメージが悪化した背景から、当時には再放送もソフト化も出来なかったのでしょうが、20年という月日は禊にしても十分なはず。

不謹慎ですが、大きな罪を犯しても20年も経過すれば、社会復帰が許される現状(これにも釈然としないものはありますが)で、はいすくーる落書きの罪ってそんなに重いんですか?

不特定多数の人が見てしまう再放送が難しいのであれば、せめてソフト化だけはしてほしい。

…最後になって、冒頭で主張した意見が、見事にクロスカウンターとして返ってきたわけですが、四半世紀以上も経っているのですから、もう勘弁してもらえませんか?

-お役に立つ情報, ニュースに一言

Copyright© お役に立ち隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.