お役に立てる情報を心掛け発信中

お役に立ち隊

お役に立つ情報 ニュースに一言

武井咲の妊娠強行突破に芸能界よりも一般社会から批判が強い理由と悲しい事情!

投稿日:2017年9月6日 更新日:

おめでたいはずが、武井咲の強行突破に賛否両論!

いまやCMクイーンともなった人気若手女優の武井咲さんが、EXILEのTAKAHIROさんと電撃結婚した事が報じられ日本中が驚かされました。

また結婚だけでも驚きを隠せないところに、すでに妊娠3ヶ月という報道は、驚きを通り越して、武井さんのファンなら失神ものだったはず。

それでも、普通に考えれば結婚というおめでたいことに重ねて、新しい命まで授かったというニュースは、幸せいっぱいな事です。

しかし、そこは、様々な事情や契約を抱えている芸能界。

一部では、武井さんと契約している複数の広告会社が、突然の結婚、妊娠は契約違反となり、違約金を請求することになるのではと懸念されています。

この辺りは、当事者間だけしか知らない事情が絡んでいるので、はっきりとした確証はありませんが、交わされた契約書の内容次第では、報じられている金額はともかく、違約金が発生するというケースは十分に考えられそうです。

しかし、それ以上に興味深かったのが、契約会社とはまったく関係ない、一般人の反応でした。

というのも、ここ最近、芸能人による不倫報道の多さに辟易としていた中で、独身者、それも人気者同士によるカップル誕生は、めでたいと共に、見ているこちらの気持ちも華やぐニュースと受け止めていたからです。

ですが、今回の報道を受けてから、時間が経過するなかで、仕事関係者の迷惑を考えず、結婚、妊娠という行動にかなりの批判が聞こえるようになりました。

特に、妊娠は、当事者たちが注意していれば、かなりの確率で避けられるという理由から、以前より交際を反対していた事務所への当て付けと強行突破なやり方だと判じられ、生真面目で会社に従順性が高い日本人には、不道徳とも映ったのかもしれません。

正直、私はお二人の特別なファンでもないので、今回の報道を受けて、特に沸き立つような感情や気持ちも無く、好きな人とのゴールインを全力で勝ち取ったという印象でした。

ただ、私も日本人ですので、その後に報じられる契約問題をテーマにすれば、やはり、周囲への迷惑よりも、自分の立場を最優先した決断ではあると思っています。

しかし、口上での説得だけでは、このビッグカップル誕生とならなかったと思います。

いまや事務所の稼ぎ頭でもある、武井さんの人気、仕事が順調である時期には、女性は特に独身者であったほうが良いという判断(背景)がありますからね。

そうした苦悩を抱えていたからこそ、妊娠を確信的に狙い、反対を続ける事務所を力技でねじ伏せたというのが、武井さんの計算だったのでしょう。

なぜ武井咲さんだけが責められるのか?

妊娠は男女に等しく責任があるにも関わらず、現在の状況を見ていると、TAKAHIROさんよりも、圧倒的に武井さんが批判されています。

この背景には、女性特有の心理が働いているのかなと考えます。

よく、夫や恋人の浮気が発生したとき、多くの女性は、当然、浮気をした本人も責めますが、それ以上に、浮気相手の女に怒りや憎しみを抱く傾向にあります。

最近ではあまり聞かれなくなりましたが、

『この泥棒猫!!』

と、妻が浮気相手の女を責め立てる場面は、修羅場の定番でした。

つまり、武井さんファンのみならず、TAKAHIROファンの一部も、大好きな男性を寝取った女という感覚でいるからこそ、今回の妊娠報道にも、武井さんに批判が集中している面はあると思います。

そこに、契約問題という格好の獲物を見つけ、八つ当たりを含んだ批判が起こっているのだと考えます。

人気者の宿命と言ったらそれまででしょうが、それでも、奴隷契約のように事務所に私生活まで管理され、愛している人と結ばれないというのも、なんだか時代錯誤も甚だしい気がします。

一番の問題は、恋愛、結婚が、芸能活動の妨げになるという、古い価値観がいまだ、幅を利かせている現状にあるのだと思います。

そういった意味でも、武井さんとTAKAHIROさんには、公私共にがんばってほしいと思います。

-お役に立つ情報, ニュースに一言

Copyright© お役に立ち隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.