お役に立てる情報を心掛け発信中

お役に立ち隊

お役に立つ情報 ニュースに一言

坂上忍が青山雅幸にセクハラされた女性のメールにも問題あり発言

投稿日:2017年10月30日 更新日:

バイキングが青山雅幸の冤罪の可能性を探る

週刊文春の取材により、青山雅幸衆院議員(比例東海ブロック)が、元秘書の女性にセクハラを行っていたと報じられ、無期限の党員資格停止処分を下されました。

その一件をバイキングが取り上げ、その中で、司会の坂上忍さんが、回りくどい言い回しをしながら、セクハラ被害を受けた女性にも、その原因があるような論調を展開されていました。

その背景として、こうしたセクハラや痴漢などが起こったときに、少ないながらも冤罪などがあることを挙げ、そうした事件があることを踏まえてとの事でした。

女性のメールの返信内容にセクハラを誘発するものがあった?

番組では青山元議員と、元秘書である女性のメールのやり取りをフリップで紹介。

その会話の中で、女性が食事に誘われた時に、嬉しいですという返信をした事と、セクハラ的な内容に返信する際に『笑』を最後につけていた事を取り上げ、これは男を勘違いさせても仕方ないのではとの発言をする共演者までいました。

正直、上司と部下と言う関係性であれば、たとえ心の中では嬉しくない食事の誘いでも、喜んだ振りをしたり、お礼の返信ぐらいはしますよね。

その点は、バイキングでも一部の出演者などが女性を擁護する立場に回りながら、代弁をしていましたが、坂上忍さんは、どうしても女性にも咎があると言いたいのか、しつこく、その可能性を探っている様子でした。

上司とのメールで誤解を与えないようなやり取りを徹底する

ここからは、一般論として話していきましょう。

男性上司とメールなどのやり取りをしなければいけない状況で、勘違いをさせない為に注意しなければいけない事があるのか?

先ほどの青山元議員までくると、異常性も感じなくはありませんが、女性に比べて、男性のほうが、ちょっとした事で勘違いしやすい面があることは否めません。

メールなどでも、あくまで上司と部下の関係であるなら、絵文字でハートや、砕けた調子の文面は避けたほうが無難である事は確かです。

その際に、上司がいかに自分に好意を持っている事を明らかにしたような内容なら、尚更、毅然とした態度をメールでも通す必要があります。

男と言うのは、少しでも甘い態度を見せると、調子に乗ったり、自分に良いように解釈する面があるので、徹頭徹尾、クールな態度を通す事です。

前述の元秘書である女性でいえば、二人きりで食事をしたと報じられていますが、これに関しては、厳しいですが、やや脇が甘いというしかありません。

勿論、だからと言ってセクハラを受けたのは自業自得などとは言いません。

この一件でもあるように、ノートや録音した音声データなど、逐一、セクハラを受けたときの証拠集めが大事です。

そして、業務上に関係ないメールに関しては、いちいち返信せず、無視するぐらいのクールな対応で臨みましょう。

-お役に立つ情報, ニュースに一言

Copyright© お役に立ち隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.