お役に立てる情報を心掛け発信中

お役に立ち隊

お役に立つ情報 体験談

レコーダーの容量がすぐに足りなくなる時の解決方法!毎日録画している人には特におススメ

投稿日:2017年6月4日 更新日:

ついつい溜まってしまう録画番組

テレビ番組をよく観る方なら、共感していただけるかと思うのですが、DVD、ブルーレイレコーダーで、気になる番組を録画していると、驚くほどのスピードで、ハードディスクの容量を使っていき、気がつけば、残量が残り僅かになっている事がありませんか?

こうなってくると、毎週どことか、毎日録画している番組などもあるので、消去するか、ディスクに焼く(ダビング)かの2択を、強制的に迫られてしまいます。

私は地上波よりもCS放送で、ドラマや映画を録画して後で観る事が多く、これまで80%近く、保存するという選択を選んできました。

それには、いつか観る事もあるだろうという理由以外にも、CSはお金を払いチャンネル契約して観ているという事情もあり、ただ一回観るだけでは、勿体無いという、セコイ根性が働いている事は認めます。

でも、このセコイ根性の為に、録画番組をハードディスクからダビングして移すための、ブレーレイディスクに掛かるお金が馬鹿にならないと言う、何だか本末転倒な事にもなっていました。

ブレーレイディスクもピンキリあり、メーカー、品質に拘らなければ、多少の出費も抑えられるのですが、これまた、お金を払って観ている番組なのだから、少しでも良い状態で保存したいと考えてしまいます。

その結果、国産メーカーの10枚で2000円近くする、ハイクラスなディスクを購入してしまうのです。

まぁ、それでも、何度も繰り返してみる気に入った作品の場合は、やはりこれを選んでよかったと思うのですが、中には、後で冷静になり、これもう一度、観る事あるのかなという作品もあったりします。

最もはっきりと後悔するケースが、レコーダーのハードディスク容量が少なくなり、途中まで観ているドラマをダビングした時です。

何がいけないのと思われるでしょう?

面白いと感じて視聴し、これは保存だなと思いダビングしてるんですからね。

ところが、物語がクライマックスに差し掛かった辺りで、脚本家が突然死でもして、ど素人にでも変わったのかと言う、言葉は悪いですが、クソ展開、目も当てられないエンディングを迎える作品だった時には、当然ながら、絶対に観ない。

いや観てたまるかという思いにさえなります。
でも、すでに数枚のディスクには、その怒りしか覚えない作品をダビングしてしまっているわけです。

繰り返し録画ができるタイプのディスクならともかく、使っているのは、1回だけ録画が出来るタイプなので、これまで録画したものが無駄(ゴミ箱行き)になってしまい、作品に裏切られた気持ちと、ディスク(お金)の無駄遣いをしたというダブルショックが襲ってきます。

1年中、毎日に近い状態で、複数の作品を録画しているので、多いときには、1週間で100GB以上を消費してしまう環境です。

忙しく、視聴する事ができずに録り溜めてしまうと、あっというまに、容量を使い切ってしまう寸前になってしまいます。

外付けハードディスクはまさに救世主

このままでは、如何と思い、新たな手段を講じる事にしました。

そこで目を付け購入したのが、レコーダーに取り付ける事ができる外付けハードディスクです。
これまで、パソコンでは、複数台、所有していましたが、レコーダー用に購入したのは初めてでした。

私が使っているブルーレイレコーダーは、もう生産中止にもなっている型で、対応できる物があるか、心配だったのですが、幸いにも、ギリギリっぽい感じで対応している外付けハードディスクを見つけることが出来ました。

1万円もせずに、使っているレコーダーの倍以上の容量があることで、これまでの状況は一気に改善されました。

レコーダー本体の容量が減ってきたら、録りあえず、外付けハードディスクに移すことが出来るというだけで、これほどレコーダー、そして精神上の負担を軽くするとは思いませんでした。

更に、大容量のおかげにより余裕を持つことで、前述の悲劇(録画して後悔する)も避けられるようになりました。

これまでは、容量不足で焦って録画というケースもありましたが、外付けハードディスクのおかげで、作品を最後まで視聴する余裕ができたので、保険が効く形となりました。

また、暫く外付けハードディスクに保留(保存)にしておく事もできるので、本当にダビングして観たい作品を、じっくりと吟味することができるようになりました。

普段使っているブルーレイディスクが、1枚25GBで、購入した外付けハードディスクが1000GBあるので、10枚パックを購入しても合計250GB。

大は小を兼ねるとはまさにこの事で、毎月のように購入していたディスク代も少し浮きました。

もし、似たような状況、お悩みの方がいれば、外付けハードディスクはおススメです。もっと大容量のタイプもあるので、かなりハードな状況でも解決してくれるはずですよ。

-お役に立つ情報, 体験談

Copyright© お役に立ち隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.