お役に立てる情報を心掛け発信中

お役に立ち隊

お役に立つ情報 人間関係

パートナーの異性の友達との付き合いが気になって仕方ない

投稿日:

異性の友達との付き合いにやきもきする

パートナーによる異性の友達との付き合いがどうしても気になるという人は多いのではないでしょうか。

実際には普通の友達関係であるとしても異性である以上、同性の友達と同列に認識することは難しいという理由も考えられます。

それでも、浮気をしたわけでもなく、ただ何となくモヤモヤするという気持ちだけで、友人関係のことに口に出すことは憚られてしまう。

だからこそ、一人モヤモヤとした気持ちをずっと抱えてしまうという、出口の見えない心境にもなってしまう。

今回は、こうしたケースの場合には、どうしたらよいのかを考えていきましょう。

友達付き合いを考え直してほしいと頼む

特別な関係ではないとわかっていても、二人が話していたり、一緒に遊んでいるのを知れば、心穏やかにはいられない。

友人よりもパートナーの自分を優先してほしいという事で、直接、友達関係を考え直してほしいと頼んでみる。

この場合、二人の関係を最も大事にしたいという理屈がある訳ですが、相手にしてみれば、ただの友達であるにも関わらず、その関係を解消してほしいと言われれば、過ぎた干渉と取られかねない可能性もあります。

そして、そこでまた異性の友達を庇っている、自分よりも大事にしていると、一種の被害妄想にとらわれ、二人の関係をギクシャクさせてしまう原因ともなります。

しかし中には二人の関係を考慮して、友達との関係を解消してくれるパターンもあります。

ですが、大切な友達を一方的な理由で遠ざけさせてしまったことは、相手にあまり良い気分、記憶を残さないので、後に響くこと可能性があることもご承知ください。

静観することで評価を上げることも

あまりに人間関係に口を出しすぎると、相手に窮屈な思いをさせることになり、結果的には自分の評価を下げることにつながることもあります。

異性という事で気になるのは普通ですが、付き合いにまで言及してしまうと束縛の強さを感じてしまい、いくら根本に愛情があると伝えても、疲れさせてしまう可能性があります。

それよりも、友達関係を大切にしていることを褒めながら、友達のこともいいけど、自分のことも大切にしてねと、相手の関心を自分に向けるほうが摩擦を生まず、器の大きさをアピールすることができます。

誰でも自分の大切な人を悪く言われれば気を悪くします。しかし同じように大切に思ってくれる人には、寛容な心や優しさを感じ、より一層に愛おしい気持ちを持ってくれるものです。

元より特別な関係を築ている時点で自分に優位性があるのに、わざわざそれを失ってしまうような直情的行動は損しかしないでしょう。

異性の友達の存在にピリピリする人と、一人の友達と認め堂々としている人。どちらに好感を持てるのかと客観的視点で判断すると、努めて冷静に対処できるのではないでしょうか。

-お役に立つ情報, 人間関係

Copyright© お役に立ち隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.