お役に立てる情報を心掛け発信中

お役に立ち隊

お役に立つ情報 人間関係

ぶっちゃけた性格で対人トラブルが多い人必見!誠実さという魅力に変える方法

投稿日:2017年12月13日 更新日:

ぶっちゃけた性格だと言われたけど、これってどういう意味?

知り合いから、ぶっちゃけた性格だと言われたが、これが良い意味なのか、悪い意味なのかよく分からない。

善悪で割り切るのはなかなか難しいですが、ぶっちゃけた性格という部分には、歯に衣着せぬ面があります。

普通であれば、相手を不快にさせてしまうかもしれないという言葉でも、真正面きって伝えてしまう。

これが、相手により、正直さと受け取られるか、配慮の足りない人間と受け止められるか、大きく二つに分かれそうです。

ぶっちゃけた性格の人は嫌われる?

しかし、ぶっちゃけた性格だからといって、必ずしも嫌われてしまうのかといえば、そうでもありません。

言葉のやり取りの中で、常に裏を読まなければいけないような相手は疲れてしまいます。

また、どこか作られた笑顔で、いつも調子の良い言葉だけを並び立てる人も、どこまで信用してよいのか考えさせられます。

そうした中で、本音を大事に語ってくれる人というのは、誠実さを感じます。

では、ぶっちゃけた性格は人に嫌われることがないのかといえば、言い切れない所があります。

本音は正直さを語りますが、その分、人によっては、それに痛みを伴なうこともあり、悪気なく言った言葉が、これまでの人間関係にひびを入れてしまうこともあります。

ぶっちゃけている当人は、自分の気持ちに対して正直な言動を選んだとしても、それが対人関係に置いて常に正解とはなりません。

『あなたは常に本音で語ってくれるから信用できる』

と受け止めてくれる人もいれば、

『あなたはもっと人の心に配慮して言葉を選ぶべき』

と、注意されることもあるからです。

ただ、これも考え方ではあります。

どんな性格の人であれ、万人から好かれる人はいません。

ぶっちゃけた性格である自分を好きになってくれる人もいれば、苦手と感じられる人もいると、良い面、悪い面を共に受け入れる事で、ひとつ自分を理解することはできるでしょう。

ぶっちゃけた性格を魅力に変えよう

もし、ぶっちゃけた性格で、良い事以上に、悪い事、誤解される事が多いという人の場合には、少し自身で改善していく必要があるでしょう。

ぶっちゃけると一概に言っても、人により度合いが違います。

多くの人に嫌われている場合には、ぶっちゃけ過ぎで、相手の心や気持ちを理解する事を忘れて、ただ、自分の気持ちを優先してしまっています。

子供であるならいざ知らず、ある程度の年齢になれば、会話の中での言葉が、相手を傷つけるものかどうかの判断が求められます。

その時、瞬間的に思った気持ちを言葉として出すべきかを、頭や心の中でいちど確認する作業を大切にしましょう。

そうする事で、これまでそのつもりがなかったとしても、人間関係をこじらせてしまっていた人も、そうしたトラブルを減らす事ができるようにはずです。

ぶっちゃけた性格そのものが悪いわけでもないのです。

ただ、その度合いをコントロールすることが大事であって、それを出来れば、他の人が言いにくい事を主張できるという魅力にもなります。

いつの世も、不実と誠実でれば、誰でも誠実な人と仲良くなりたいと思っています。

ぶっちゃけた性格は、生まれ持って正直さがあるというのと同じです。

ただ、何も考えず、ぶっちゃけていると、傷つく人もいるということを知り、自分の本音がいま相手にとって為になるのか、ただ傷つけてしまうものなのかを把握していく事が大切です。

-お役に立つ情報, 人間関係

Copyright© お役に立ち隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.