お役に立てる情報を心掛け発信中

お役に立ち隊

お役に立つ情報 恋愛

ずっと恋人だと思っていたら友達だったという悲劇が起こる原因と理由を解説

投稿日:2017年6月17日 更新日:

えっ!?付き合ってたんじゃないの

信じられないことですが、自分は付き合っていたと思っていたのに、そうじゃなかったと知らされる事があります。

何故、こんな摩訶不思議な事が起こるのでしょうか?

そもそも、付き合っていたと、一方だけが思っていたなど、よほど思い込みが強い人や、病的な妄想癖がある人でない限り、中々ありえない話です。

しかし、現実には、そう告げられる(知らされる)人がいるのです。

今回は、一体どうして、そんな悲しく、虚しい思いをさせられる事が起きてしまうのかを考えてみたいと思います。

自分では恋人のつもりがただの友達だった

付き合っているつもりだったが、相手からしてみれば、とても心の許せる友達、親友だった。

この場合、当然ですが、恋人だけで行われるスキンシップがない事に限られます。

純情一直線な中高生カップルであれば、そうしたスキンシップもなく、友達と恋人の境界線というのは、確かに分かりにくいかもしれませんね。

でも、男女が二人きりで出掛けたりすれば、それはデートだと錯覚してもおかしくない気がします。

それが何度もあれば、尚更ですよね。

そうした時間を共有しても、あなたとは恋人じゃないと言われてしまうと、とてもショックです。

こうなってくると、友達関係から何となく、恋人っぽい雰囲気になっている人たちは、一度、はっきりと自分達は付き合っているんだよねという確認がいるのかもしれません。

さて、もうひとつの友達パターンを解説します。

倫理的に、恋人同士でないと行われないとされるスキンシップをしている関係で、それでも、友達だと言われてしまう。

もうこれは、セックスフレンド(通称セフレ)ですよね。

真剣に愛して付き合っていると思っていたら、ただ肉体関係だけで結ばれていると知らされるのは、先述の友達の延長的なパターンよりも、ショックが大きいです。

このパターンは、男性よりも女性の方が多く、表面的には恋人を繕いながら、男にとって都合のよい女友達にさせらてしまう事が多いようです。

そして、この場合は最初から相手が、遊び目的というタチの悪さが絡んでいる事が多く、交際していることの確認を入れても、平気で騙してくるので、防ぎようがなく、出来る事は、異性を見る目を養う事と、身持ちを堅くすることで、相手の本性を探るというのが最善だと思います。

消したい過去

さて、これは過去に確実に付き合っていたにも関わらず、時が経ち、相手から付き合っていたことが、なかった事にされるケース。

年月を重ねてきたから、晴天の霹靂かと思うようなショックを味わうケースで、ある意味では一番、心にダメージを負う事にもなります。

そして、その真相、理由は、交際していた事を恥ずかしいと思われているという、大変、ショッキングなものです。

このケースでは、前述のセフレと逆で、男性が受ける事が多いようです。

学生時代にはイケてると思って付き合っていたが、大人になり振り返ってみれば、なぜ、あんな男と付き合っていたのか分からないという、成長に伴い心境の変化が、交際していた過去を抹消したいという考えを生むようです。

男性にとっては、甘酸っぱい青春の1ページが、相手にとっては消したい過去となっている事を知らされるわけですから、出来れば知りたくなかったというのが本音となるでしょう。

でも、一体、何を恥ずかしがっているのかと思われる方もいるでしょう。

幾つかある理由で、最も多いのが、当時、付き合っていた男がヤンキーだったケースに多いようです。

学生時代は、ちょっと悪い男に憧れる気持ちで付き合っていたが、大人になり、それが人生の汚点のように思え、それを周囲に知られる事を恐れ、なかった事にしちゃうようです。

この場合の女性は、目が合っても、懐かしさなど、一切の感情を見せず、赤の他人を見るような目で見つめ返してきますのでご注意を。

付き合っているのかと思っていたら、それは思い違いで、友達であったという、出来れば我が身に起こってほしくない話ですが、これが意外に身近な所で起こっているというのも事実です。

完全に防ぐ手立てはありませんが、信頼おける関係を築くことを、日々、心掛けることが大事と言えます。

-お役に立つ情報, 恋愛

Copyright© お役に立ち隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.